マルちゃん正麺「鴨だしそば」を作って食べてみたが、簡単で旨い!反則だ!


去年の夏くらいから当事務所のランチタイムによく登場するのが蕎麦。いつもは生麺タイプのマルちゃんの鴨そばを食べていたのですが、twitterのフォロワーさんが「乾麺も美味しい」と言っていたのを思い出して、ラルズで見つけた際にゲットン。

are51a

実際は5個パックでした。税込みで300円くらい。

マルちゃん正麺 鴨だしそば

are51b

中身はこんな感じ。

are51c

生麺タイプの鴨そばに付いてくるタレと似てる感じ(そらそーか)。

しかし、作り方を見て驚愕。

丼にタレをそのまま入れて、蕎麦を茹でたお湯もろとも…

突っ込んでいい

だと……。マジか…。

are51d

マジだった。

タレを入れた丼にそばを分けて入れて、茹でたお湯もそのままお玉でジャバーっと移していくと、あの鴨だし特有のコクを感じさせるなんとも良い香りが丼から立ち上ってくるじゃあありませんか。鶏肉がなかったので具は冷凍しておいた長ネギだけ(蕎麦と一緒に茹でた)。

乾麺ちゅーことで、蕎麦感はちょっと薄いんだけど、十分旨いし。

てか、蕎麦を茹でたお湯でそのままタレを割っていいなんて・・・!洗い物も少なくて済むし、面倒くさくないし、生麺タイプの何倍も気が楽であります……!!!

更に美味しく食べるための工夫ネタ(案)

  • 長ネギは焦げ目ができる感じで焼いたらいいかも
  • 鴨せいろにしたほうが蕎麦感がでるかも
  • 鶏肉鴨肉があれば最高かも
  • ほうれん草とか添えたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です