漫画「きのう何食べた?」の「ブリの鍋照り焼き」と「ブロッコリーのえびあんかけ」を作って食べてみた


DSC02964a

nanitabe01
※コマ引用「きのう何食べた?」(よしながふみ/講談社)9巻127ページより

このブログのタイトルのネタ元は、よしながふみ・著の「きのう何食べた?」最新の9巻127ページより(左絵)。こちらの筧史朗のお誕生日メニューから「ブリの鍋照り焼き」と「ブロッコリーのえびあんかけ」を作って食べてみました。

 

それにしても、誕生日なのにこのメニューとは…やっぱりシロさんおじいちゃんぽ(以下ry

当事務所でも、あまり油ギッシュなものは出せませんのでね、ええ。ちょうどテレビのニュースで『函館でブリが大漁』というトピックを見ていたので、ブリでナニかをやろうかとね。たしかにブリ、安かったです。

それにしても盛る器を間違えましたね。なんとも寂しい絵面です。DSC02936a

シロさんが作るメニューは、だいたい普段の料理で使用する調味料が多いので、メインとなる材料のみCOOPで買い足しです。鶏がらスープもいつも使っているモノ。

漫画で登場する流れで作っていきます。まずは、「ブロッコリーのえびあんかけ」から。

今回の食材(ブロッコリーえびあんかけ/4人前)

  • ブロッコリー・・・一株
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ2
  • 水・・・200cc
  • 鶏がらスープ・・・小さじ2
  • 酒・・・大さじ2
  • 醤油・・・適量
  • 生姜・・・本来はすりおろし一欠。今回はお馴染みチューブしょうが。
  • 冷凍むきえび・・・お好み

DSC02940 DSC02947

まずはブロッコリーを小房に切り分けて、塩ひとつまみを入れたお湯でザーッと火を通します。そういえば、ブロッコリーといえば平野レミ師匠がNHKのあさイチ!でやらかしたとかなんとか(そして、そのやらかしを掴みに新しい自分のサイトを公開という、転んでもタダでは起きないっぷり、さすがですw)

この前はツイッターが乗っ取られたからって、「のっとりまいったっけスープ」のレシピをツィートしているし(笑

勝手に師匠と仰いでいますけど、今回のブロッコリーは立てません。ブロッコリーはさっと茹でるだけ。ざるにあげて後は予熱で。

「あん」を作りますよっと。

DSC02943

水200cc、酒大さじ2、鶏がらスープ小さじ2、醤油適量をフライパンに投入して、煮立ったらむきエビと生姜を。買い忘れたのでチューブの生しょうがですが、まあまあ香りが出てくれてよかった。とはいえ、普通にちゃんとおろして投入するのがオススメです。

そこそこ煮立ったら、片栗粉大さじ1と水大さじ2で作った水溶き片栗粉を入れます。この時、鍋の中身をかき回しながら、一点集中で水溶き片栗粉をちょろちょろちょろっと入れると、ダマになりにくいです。ひと煮立ちさせたら餡の出来上がりなので、ブロッコリーと合わせて完成!黒胡椒を忘れずに。

DSC02985a

お次は「ブリの鍋照り焼き」に手を付けます。

今回の食材(ぶりの鍋照り焼き・4人前)

  • ぶりの切り身・・・4切れ
  • 醤油・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ2
  • 砂糖・・・小さじ4
  • 小麦粉・・・適量

DSC02952a

ブリをトレイの上に並べて、小麦粉を振るいがける。って、粉ふるい無かったわ・・・この事務所・・・。(ってことで、アク取りで代用)

DSC02955 DSC02957a

フライパンに投入しまして、蓋を閉めてしばらく待ちます。焼いている内にボウルにタレの材料(醤油、みりん、酒、砂糖)を入れてよく混ぜておきます。ぶりに焼き色がついて、周りが白くなってきたらひっくり返して、キッチンペーパーかティッシュで余計な油を吸い取って起きます。こうすると、照りが上手に付くようですよ(シロさん談)。

油を拭いたらタレを投入して水っぽくなくなるまでジリジリ焼きまして・・・

DSC02965a

出来上がり!大根おろしはおまけです。

DSC_0616
※コマ引用「きのう何食べた?」9巻(よしながふみ/講談社)128ページより

まさに、本編中の右のコマの通り「ブリの鍋照り味きまってる!」でしたー。しょっぱすぎず、甘すぎずベストな感じ。

今回使ったブリは身が締まりすぎていて、脂乗りという意味ではちょっとイマイチでしたが、ま、ヘルシーかな…とw大根サラダが食べられなかったのが残念です。

そして、「ブロッコリーのえびあんかけ」。黒胡椒があるのと、無いのとでは全然違いますねー。次は、しっかりショウガを下ろして作りたいものです。

作って食べてみた感想

  • さすが筧史朗氏。簡単だけどしっかり美味しいレシピでした。
  • 前々から「使えるレシピが多い!」と聞いていましたが、ガチでした。
  • もういっそ別冊でレシピ集として欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です