「パサつきなしの鶏むね肉のしょう油煮込み」を作って食べてみた!


なにげなくwebを見ていたら、

パサつきなしの鶏むね肉のしょう油煮込み/あさこ食堂

というページが目に止まって、レシピを見てみたら鶏むね肉さえ買って来ればすぐに出来てしまいそうなレシピでした。

鶏むね肉

というわけで、どーん!
立ち寄ったのは、函館ローカルスーパーマーケット「魚長」。名前の通りなんとなく魚介類は安めで新鮮で美味しい気がしますが、肉類は普通です。おあつらえ向きにこの日は伊達市産の鶏むね肉が特売だったみたい。

レシピには、

鶏むね肉(250~300g)

とあるので、だいぶデカイですね。何がデカイって、分厚さがいつも使っている鶏むね肉とはなんだか異なります。包丁で軽く叩けども、伸ばせどもビクともしないのでそのまま調理に入ることにしました。

曰く、合わせ調味料は、

  • 酒…大さじ3
  • しょうゆ…大さじ2
  • 砂糖…大さじ1
  • あれば、生姜のスライス…3枚

とのこと。おおよそ家にある材料ですね。計量カップでざっくり測っても大丈夫っぽい気がします。生しょうがは無かったのですが、生姜風味にしたほうが断然美味しい気がするので、チューブの生姜を7cmくらい追加。

  • すべての材料を小さめの鍋かフライパンに入れて蓋をして20分くらい煮る

ということですが、うちで使っている砂糖が上白糖ではなくきび砂糖のようなものだからか、タレがグツグツとカラメル状になるのが予想よりも早い。以前にも同じ失敗をしたことがあるのですが、ほうっておくとただの苦い物体になってしまうばかりか、火の通りも甘くなってしまうので、急遽追い酒、追いしょう油を敢行。砂糖はいれません。比率は元レシピに則って3:2くらい。

それでも、特別分厚い鶏むね肉。。。規定の時間を過ぎ、スライスしてみたら半分は中がナマ。

追い焼き

というわけで、イマイチ生っぽい部分を再度フライパンに投入です。”ふっくら・しっとり”を目指すには悪工程でしかありません。

鶏むね肉のしょう油煮込み
鶏むね肉のしょう油煮込み

一部手際の悪い部分もありつつ、完成。見た目だけはいっちょまえですわ。野菜は一部で話題のカット野菜。無いよりはマシか。味はバッチリ美味しく、追い焼きしなかった半分はそれなりにしっとりとしており美味。しょう油と砂糖、すなわち照り焼き味ってなぜこんなに白米に合うのでしょう。殺人的にピッタリなのが憎い!

作る工程に関しては、元レシピから肉や調味料の状況によって多少調整したほうがより、アサコ食堂さんの意図通りのものになりそうです。

しっとり・パサつきなしを目標にするなら、弱火でじっくり蒸し焼きにするのがポイントになりそうですねー。フライパンと経済的な鶏むね肉に、家にある調味料でサササッと出来てしまうので、かなり利用価値が高いレシピとなるのは間違いかと。

より破壊力が高い勝負(なんのだ)メニューにするなら、やっぱり鶏もも肉で作るのがイイネ!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です