つい食べ過ぎてしまう「飯寿司(いずし)」の季節がやってきた!


DSC_0579

飯寿司キター!

スーパーの鮮魚コーナーをぶらぶらしていたら、飯寿司コーナーが登場してたー!灯油価格の高騰を考えると認めたくないが、もう冬がすぐそこまで迫ってきているのねーーー!

自分で作ることも出来るっちゃできるらしいんですけど、まだそこまで頑張れないのでスーパーで見かける飯寿司を冬の間はヘビーにリピートします。

飯寿司というのは、魚と塩と米飯を乳酸発酵させた「なれずし」の一種で、この野菜が混ざったタイプのことで、北陸以北の日本海側と北海道の寒い地域に集中して食べられている食品のようですよ!(wikipedia先生談

よく見かけるのは、サンマ、ほっけ、鮭、ニシン。鮭がちょっと値段が高いのです。我々が好きなのは、脂ノリがよく食べごたえのあるサンマの飯寿司かなー。酸っぱくてコクが合って、なんともいえない旨味があるのですが、米を使っているだけあって、結構カロリーが高いんですよね…。

なので、食事時の副菜として食べることがほとんどなんですが、取り合いになるくらいなんですよねwしかし、独特の見た目ですし、味も、まあ、癖があるので嫌いな人は嫌いなのかなー?

ちなみに、「なれずし」をながーく漬けたものが、「マツコ&有吉の怒り新党」で新3大◯◯として取り上げられていましたね。アレはさすがにすごそうですが、飯寿司は漬ける期間が長くないのでそれほど刺激臭はありません。

とかなんとか書いていたら、いつも食べてる石田水産さんの飯寿司、公式サイトで通販できるようですwww楽天市場でも探してみたら、何軒か函館のお店が出品していました。飯寿司は通販無理かな~となんとなく思っていたのでビックリ。

北海道名産【鰊(にしん)飯鮨】1/8カット【約250g不定】2kg樽で本格仕込み

価格:1,026円
(2014/10/6 15:28時点)
感想(0件)

紅鮭飯鮨 紅鮭飯寿司 500g【楽ギフ_のし】【配送日指定可】【RCP】【05P13Jun14】

価格:3,240円
(2014/10/6 15:30時点)
感想(0件)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です